セラミック症例|セラミック冠
症例|ブリッジからインプラントへ。一番いい素材のもので治したい。
50代 女性

【患者様のご要望】

ブリッジの部分が痛くなってきたのでインプラントにしたい
かぶせ物は持ちのいい物にしたい。

【治療部位】

インプラント左下7
オールセラミッククラウン左下6番


インプラントとオールセラミックで自然になりました。

 
 

tm_mor_kuni1.png 初診時のパノラマ画像。 ブリッジが入っており、痛みがありました。左下6番に根尖病変があったので外して根の治療をしていきます。

tm_mor_kuni2.png 左下7にインプラント埋入時

tm_mor_kuni3.png インプラント上部構造とオールセラミッククラウンが入った状態です。

tm_mor_kuni4.jpg 口腔内写真です。しっかり噛めるようになりました。

tm_mor_kuni5.jpg 正面像。左側で噛んでも痛みがなくなりました。

もともとブリッジが入っていましたが、土台となっている歯が痛んできたため、ブリッジを外して根の治療をしなおし、ブリッジにしていた部分はインプラントで歯を補うことにしました。 見た目も綺麗になり、患者様も満足されました。


現在、ニュースなどでインプラントの失敗やトラブルがよく取り沙汰されております。 ほとんどが治療経験の不足からくる治療のミスです。 当法人では、患者さんに安全なインプラント治療を受けていただくために、 しっかりCTでの術前検査とダブルドクターでの治療をしておりますのでご安心下さい。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.