セラミック症例|セラミック冠
症例|前歯の審美治療
30代 男性

【患者様のご希望】
根の先に膿が溜まり感染しているので、治療をしっかり行い、被せものは劣化も変色もしない材料で治したい

 【治療部位】
上顎前歯 1本


上顎前歯の審美治療

 
 

s_tai_ko_1.jpg 前歯なので、審美的な要望も強い歯ですが、根の治療を繰り返しているので、次に感染すると 抜歯になる可能性が出てくること、歯が脆くなっていくこと、がキーポイントです。 まずは、根の治療をしっかり行い、グラスファイバーでできた歯に負担をかけにくく、錆びない土台をSETしていきます。

 

s_tai_ko_2.jpg セラミックは色がずっとかわらず、劣化もしません。そしてプラークも付きにくいので 審美回復だけでなく、むし歯予防にも適している材料です。 また、根の治療を繰り返している歯の根っこは非常に薄いです。 ですから、前歯の咬み合せも重要です。 前歯で突き上げるように咬むと、神経の処置を行った歯は割れてしまう可能性があります。 前歯だから綺麗にというだけでなく、この歯が長く持ち、治療を繰り返さないことを 優先に、患者さんと相談して、治療を進めていきました。

 

現在、ニュースなどでインプラントの失敗やトラブルがよく取り沙汰されております。

ほとんどが治療経験の不足からくる治療のミスです。

当法人では、患者さんに安全なインプラント治療を受けていただくために、

しっかりCTでの術前検査とダブルドクターでの治療をしておりますのでご安心下さい。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.