インプラント症例|前歯を失った場合
症例|前歯をしっかりと...
40代 女性

【患者様のご希望】ほかのクリニックでインプラント治療を予定していましたが、

説明があまりなかったことで心配となり当院へ受診となったケースです。

患者様はなるべく自然な前歯にしたいとのことでした。

【治療部位】上の前歯

以前に抜歯をした後に仮歯をつけていましたが、見た目もわるく笑うことが

できないとお話されていました。そのため、まずは仮歯をきれいにするところから治療のスタートをしました。

 
 

y_na_sa_02.jpg 前歯を抜歯してから1年以上経過していましたので、抜歯した部分の骨はよくできていました。

y_na_sa_03.jpg 事前にCT検査で骨の状態をしっかりと検査したのちにインプラント手術を行いました。インプラントの1回目の手術をしてから約3か月後には2回目の手術を行い型取りを行いました。その間もずっと仮歯をつけていましたので見た目は一切変わりませんでした。

y_na_sa_04.jpg 最終的にインプラント部分に歯が入った状態です。患者様は以前と違い笑うことができると喜ばれていました。 前歯の場合、その方の笑い方(口の開き方)なども考慮に入れて治療をすることでより自然に仕上げることを目指しています。

現在、ニュースなどでインプラントの失敗やトラブルがよく取り沙汰されております。ほとんどが治療経験の不足からくる治療のミスです。当法人では、患者さんに安全なインプラント治療を受けていただくために、しっかりとCTでの術前検査とダブルドクターでの治療をしておりますのでご安心下さい。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.