インプラント症例|歯の多くを失った場合
症例|上顎の骨がうすい、少ない
40代 男性

【患者様のご希望】
ブリッジは自分の歯がドンドン悪くなるので違う治療が良い。

 

【治療部位】左上


長年ブリッジをされていたのですが、長期的な力の負担で支えの歯が残せなくなってしましました。
再度長くしたブリッジにすると、残ってる歯に負担が強くかかりあまりもたないので
患者さんのご希望もありインプラント治療をしました。

ただ、顎の骨が極端に薄くそのままでは全くインプラントが出来る状況ではなかったので
骨を増やす治療を行ってからインプラント治療を行いました。

 
 

y_i_aaai1.jpg まだブリッジの支えの歯が悪くなる前の写真です。 どうしてもブリッジだと支えの歯に負担がかかってきてしまいます。

 

y_i_aaai2.jpg 骨を増やしてからインプラントを入れた状態です。 骨もしっかり増やす事が出来ましたが、状態でさらに4ヶ月待つことで強く結合します。

 

y_i_aaai3.jpg 最終的な状態です。 インプラントもご自身の歯もそうですが、治療して終わりではなく 今後出来るだけ長く今の状態で咬めるかがとても大切になります。 その為にもしっかり定期的なクリーニングをして長くもつようにしていきます。

 

 

現在、ニュースなどでインプラントの失敗やトラブルがよく取り沙汰されております。 ほとんどが治療経験の不足からくる治療のミスです。 当法人では、患者さんに安全なインプラント治療を受けていただくために、 しっかりCTでの術前検査とダブルドクターでの治療をしておりますのでご安心下さい。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.