インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|大きな義歯を解消
60代 男性
【患者様の希望】左右にまたがる大きな義歯をなんとかしたい 【治療部位】右下6 【コメント】右側は一番後ろの歯がなく、義歯が大きくなってしまっていました。右下の一本だけのインプラントでは義歯の生活は解消しないものの、左右にまたがる状態ではなくなるメリットがあるので1本のインプラント治療を選択されました。今後具合が良いのであれば反対側も検討するとのことでした。
 
 
右下のインプラントを入れた後の状態です。 人工の歯をつける前の状態です。インプラントの本体のネジ部分が見えます。 h_miya_002_1.JPG 横から見た状態。6歳臼歯までがそろっていないとお食事するのに不自由が出ます。もちろん7番目の歯まで取り戻すのが理想かもしれませんが、みんながみんな100%を取り戻す必要はないです。 h_miya_002_2.JPG インプラントの歯が入った状態。ここまで歯があるとかなり食べられるようになります。その方その方の食生活や希望に合わせた治療計画を患者様と一緒になって立てて行っております。 h_miya_002_31.jpg インプラントにつながるアバットメントと呼ばれる部分の写真です。 金属で作ることが主流でしたが、セラミック製のものも使用できる強度のあるものが開発されています。 h_miya_002_4.JPG 人工歯が入った状態。きれいに仕上がり、患者様も満足されていました。 h_miya_002_5.JPG
 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.