インプラント症例|前歯を失った場合
症例|何度も根の治療をしているが良くならない
30代 女性

【患者様の希望】何度も治療を行っているが痛みや腫れが出てくる。

前医院でももう保存は厳しいと言われた。

【治療部位】右上前歯

【コメント】根の治療を何回か試みたがやはり経過が悪く、予後不良と診断し患者様と相談の上抜歯になりました。

両サイドの歯を残すためにインプラント治療を選択されました。

 
 

s_ta_2013_0904.jpg 根の先に膿が溜まっていて咬めない状態でした。 根の先を切断する方法も相談しましたが、予後が悪いことを伝えると抜歯を選択されました。

s_ta_2013_0902.jpg s_ta_2013_0903.jpg 抜歯をして約5ヶ月骨の回復を待ち、インプラント処置を行いました。 s_ta_2013_0906.jpg s_ta_2013_0907.jpg インプラント処置後仮歯を入れ歯ぐきが落ち着いたら最終的なセラミックに置き換えました。 s_ta_2013_0908.jpg

微妙な色が中々出来ず技工士と相談しながら3回作り直しSetしました。 患者様には満足して頂きこれから、長く保存をしてもらうためにメンテナンスで定期健診をしていきます。
 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.