症例|歯が次々なくなるのをくい止める

【患者様のご希望】右下ブリッジがグラグラ。咬めるようにして欲しい

【治療部位】右下奥歯,左下奥歯、右上奥歯

左右下の奥がグラグラするのを主訴に来院された方です。歯茎から膿も出ていたため抜歯となってしまいました。その後の治療にインプラントを選択された症例です。

【患者様のコメント】 左右下奥のブリッジがグラつき、殆ど食べ物を噛む事が出来ませんでした。そんな時平塚市内でしかも駅に近く、最新治療のインプラント治療をタウンニュースで知りこちらのクリニックを受診しました。手術との事でとても不安でしたが院長先生とても優しく、高齢の私に良く分かる様に説明して下さり、不安が期待に変わり、6本のインプラントを3回に分けて治療に1年と長い期間でしたが、その都度先生治療の説明をしてくださり、無事治療が終わりました。今ではとても満足しています。それと先生、スタッフの方々親切丁寧な対応そして清潔な医院内、とても感じの良いクリニックに出会えて良かったです。

 
 
h_miya_2012.9.3_7.jpg 初診時のX線写真です。 h_miya_2012.9.3_1.jpg インプラント治療前のお口の中の状態です。患者様の左側は上の歯がありますが、 h_miya_2012.9.3_2.jpg 右側は上も下も歯がないので前歯でしか咬めていません。 h_miya_2012.9.3_3.jpg インプラントの人工歯が入った状態です。 h_miya_2012.9.3_4.jpg キレイな歯のアーチを取り戻せています。 h_miya_2012.9.3_10.jpg インプラントが入ったX線写真です。 奥歯できちんと咬む事がどれだけ他の歯の寿命を延ばすことでしょう。今後のメンテナンスで長く使っていただけると思われます。 現在、ニュースなどでインプラントの失敗やトラブルがよく取り沙汰されております。ほとんどが治療経験の不足からくる治療のミスです。当法人では、患者さんに安全なインプラント治療を受けていただくために、しっかりCTでの術前検査とダブルドクターでの治療をしておりますのでご安心下さい。
 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.