インプラント症例|前歯を失った場合 インプラント症例|奥歯を失った場合 インプラント症例|骨が少ない方の治療
症例|差し歯が取れて抜かなければならないと言われ心配で来た
40代 男性

【患者様の希望】ダツリした前歯を他院で見てもらったところ、歯が折れていて抜かなきゃ駄目だよと言われ心配になって来院した。確かに縦にひびが入っていて保存するのは難しいと伝えました。早い時期に抜けば審美的にも回復出来る為、患者様と相談し抜いてインプラントをすることになりました。

 【治療部位】右上前歯、左上4番目

 【コメント】初め右上の前歯だけだったのですが、左もダツリし同じく折れていました。抜いた歯の両隣が全く処置をしていない歯だったので削ってブリッジは望まれませんでした。両隣の歯をまったく傷つける事無く1本で出来るインプラント治療を望まれたので、2本ともインプラントをすることになりました。

 
 

s_ta_2011_1223.jpg前歯がダツリしています、縦にひびが入っていて新しく入れてもすぐに取れてしまうし、腫れてお痛みがありました。隣の歯も削りたくないし、見た目も綺麗な歯を入れたいのでインプラントを希望されました。s_ta_2011_1222.JPG治療しているうちに今度は左上4番目の歯も折れてしまいました。こちらも隣の歯を削りたくないし、インプラントの良さも解っているので同じくインプラントをすることになりました。s_ta_2011_1224.jpg左上は抜いた後骨の欠損が大きかったのでインプラントの前に骨を再生させるGBRという処置を先に行いました。s_ta_2011_1225.jpgその約4ヵ月後にインプラントを埋入しその約3ヵ月後に上のかぶせ物を造りました。審美的も機能的にも回復し満足していただいたのか、今は他の歯に入っている金属もすべてセラミックに変えているところです。

 

 

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.