インプラント症例|歯の多くを失った場合
症例|前歯が腫れて、入れ歯が入らない
60代 女性

【患者様のご希望】

ガタガタした入れ歯ではなく、しっかりと噛めるものにしたい

【治療部位】

上顎の歯すべて

患者さんは、前歯の歯肉の腫れにより、入れ歯が合わなくなったとの事で来院されました。診査の結果、上の前歯は重度の歯周病になっており、抜歯が必要と診断しました。患者さんは、入れ歯が落ちる心配が無く、しっかり咬めるような治療をご希望されたため、上の歯はインプラント治療を行うことにしました。

 
 
a-aka-oo1.JPG抜歯前のレントゲン写真です。ここから、抜歯後、骨が再生するのに3か月程度待ちました。その間、上の入れ歯を新しく作りかえました。a-aka-oo2.JPG骨の再生が確認できた後、インプラントを6本埋入しました。その後、骨とインプラントが結合するまで、さらに5か月待ちました。 a-aka-oo3.JPG上顎インプラントセット後のレントゲン写真です。左下6番の歯も歯周病により抜歯してあります。 a-aka-oo4.JPG被せ物装着後の写真です。患者さんも、固いものでもよく食べられると喜んでいただけました。
 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.