インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|ずっとむずがゆく、腫れが引かない
50代 男性
【患者様の希望】左下奥歯がずっと腫れている、時間がかかっても治るなら治療をしたいが、治る見込みがないなら抜いて欲しい。 【治療部位】左下6番目 【コメント】歯の根が2つに分かれている部分の骨が無くなり、下のほうまで進行してしまっていました。根を2つに分割して残す方法も提示しましたが、いずれ駄目になるなら抜いてインプラントをしたいと希望されました。
 
 

s_ta_2011_10222.jpg歯と歯ぐきとの隙間(ポケット)を測ると10mm以上あり頬側には、ほとんど骨が無い状態でした。s_ta_2011_10223.jpgレントゲンで見ても根の先端まで骨が吸収し無くなっていました。現状を患者様に説明し、抜歯しインプラント治療をすることになりました。s_ta_2011_10224.jpg抜いて暫く骨が治癒するのを待ち、骨の再生が良かった為、骨を作る処置はしないでインプラントを埋入しました。s_ta_2011_10225.jpg上の被せ物を入れた状態です。しっかり咬めて自分の歯と変わらないと喜んでもらっています。これからは3ヶ月に一度いらしてもらい、一緒にメンテナンスを行い、長く維持していきたいと思います。s_ta_2011_10226.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.