インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|永久歯の先天性欠損
2011.08   30代 女性
【患者様のご希望】永久歯の先天性欠損 【治療部位】左下奥歯
 
 
h_naka36_1.jpg 最近まで乳歯が残っていたがぐらついてきてついに抜けてしまったとのことで、相談に来られた患者様です。 この患者様は本来生えてくるべき永久歯が先天的にない状態でしたので新しく歯を入れる方法はインプラントかブリッジか義歯の3通りのどれかです。 両隣在歯が健全歯なのでなるべく削らずに、長持ちする方法をご希望されたのでインプラント治療により新しく歯を入れていきました。 h_naka36_2.jpg 歯が入った状態のX線写真です。 h_naka36_3.JPG お口の中の写真です。 h_naka36_4.JPG インプラントは永久歯がダメになったあとの"第2の永久歯"と呼ばれたりしていますが、この患者様にとっては乳歯が抜けた後の"永久歯"としてこれから長く使っていってもらえると思います。
 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.