インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|やっぱり最後はインプラント
50代 女性
【患者様のご希望】右でも咬める様にしたい。 【治療部位】右下奥歯 【コメント】右では咬めず、左だけで咬んでいたら左の歯が痛くなってきた。このままでは右も左もかめなくなるのではという恐怖がある、とのこと。インプラント治療により自分の歯と同等の咬み合わせを取り戻せるように治療の計画を立案。
 
 
h_miya44_4.jpg 
右下の歯が抜けたのをしばらく放置していたため、右上の歯がかなり伸びだしてきてしまいました。一番奥の歯をインプラントで取り戻すのは、上の歯も大幅にやり直しが必要になるので、今回は1本にする計画です。

  h_miya44_1.JPG 
 インプラントの2回目の手術が終わってヒーリングアバットメント(仮のネジ)が入った状態。

  h_miya44_2.JPG 
 ヒーリングアバットメントを取り除くと、インプラントのネジが見えます。

  h_miya44_3.JPG 
 インプラントの上部構造を装着した状態です。天然の歯と変わらない状態だということで患者様も大変満足されていました。
 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.