インプラント症例|奥歯を失った場合 インプラント症例|骨が少ない方の治療
症例|上顎洞まで近い奥歯のインプラント
50代 男性
【患者様のご希望】入れ歯じゃない治療がいい。【治療部位】右上奥歯【コメント】入れ歯じゃない治療をご希望された患者様です。ただ、上顎の部分の骨が少なくそのままインプラントをすると蓄膿症になるリスクがあるので、骨を増やして治療していきました。
 
 

上顎の奥歯のインプラント治療でしたが、骨が少ないために通常通りに治療をすると

上顎洞まで貫通して蓄膿症のリスクがあるために、まずは骨を増やすサイナスリフトを行いました。

その後、骨ができてから通常通りにインプラント治療を行いました。

骨を増やす治療の中でも、サイナスリフトはとても難しい治療のひとつです。

また骨がしっかり安定するまでに6ヶ月程度かかるのですが、患者様もできるだけ

しっかりと長く持ち治療を望まれておりました。

 

y_i_kob3.jpgy_i_kob2.jpgy_i_kob4.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.