インプラント症例|骨が少ない方の治療
症例|骨がない所へのインプラント
60代 女性

【患者様の希望】骨がないところへのインプラント
【治療部位】
右下7

 
 

h_naka_35_1.jpg

初診時のレントゲンです。
右下の奥歯を他院で抜歯後インプラントを希望され来院されました。
レントゲンをみると数ヶ月前に歯を抜いているのにまだ完全に骨が埋まってなくて黒いカゲがみられます。
下顎の神経までの距離も近かったので一度GBR手術(骨を作る手術)を行い、骨を作り、より安全にインプラント手術を行うことにしました。

h_naka_35_2.jpg

1次手術直後のレントゲンです。
新しく作った骨もしっかりしており、下顎の神経までの距離も十分安全な距離です。

h_naka_35_3.jpg

被せ物を入れた後約1年後のレントゲンです。
新しく作った骨も吸収することなく順調に経過しています。

当院はGBR手術をする場合、ほとんど自家骨を使用しています。それは人工骨を使うよりも術後の経過が良好だからです。今回は奥の親知らずがなかったのでその部分の骨を削ってGBR手術を行っています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.