インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|反対側の治療のためにインプラント
60代 男性

【患者様の希望】
左の治療中に右でしか咬めなくなるのでしっかり咬みたい
【治療部位】
右下76

右下の抜歯になってしまった箇所には義歯を使用していた患者様です。
義歯自体は不自由をそれほど感じることなく使っていましたが、左下の歯が割れてしまいました。左下が割れてしまったのは、義歯では本来のかむ力が出なくて、左側に負担がかかっていた事も考えられました。今後負担の分散を考えインプラント治療をすることになりました。

 
 

h_miya38_1.JPG

インプラントの埋入手術(1次手術)と歯ぐきの穴あけ手術(2手術)とも終わってかたどりの手前の状態です。矢印部分にインプラントの穴が見えます。

横から見た画像、歯が入る前です

h_miya38_3.JPG

横から見た画像、歯が入った後です

h_miya38_4.JPG

咬む面から見た画像です。歯の連続性が取り戻せています。
患者様は何でも固いものが咬めて満足だとおっしゃっています。
喜びを取り戻すお手伝いが出来たことをうれしく思います。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.