インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|いよいよインプラントをしなくてはいけない
40代 男性

【患者様の希望】
できるだけ歯を抜きたくない
先延ばしにしてしまったので
治療に必要な期間は覚悟している
【治療部位】
左下奥歯

 
 

s_kami_impsk1.jpg 最初の状態です。
やじるしの歯はよく腫れを繰り返していました。
1年くらい歯周病の治療を行い、患者さまのタイミングでインプラントを
行うことになりました。

s_kami_impsk2.jpg まずは抜歯から行いました。
歯を抜くときに大切なことは歯ぐきの悪い組織をすっかり取り除くことです。
このことがインプラントを入れる基礎として重要です。

s_kami_impsk3.jpg 抜いた後の写真になります。
歯があったところはグレーが濃くみえます。

s_kami_impsk4.jpg 抜歯をして数ヵ月後インプラントを埋入しました。
抜歯のあとの骨はしっかりしていましたから、骨を増やす処置はいりませんでした。

s_kami_impsk5.jpg インプラントが入ったところです。

s_kami_impsk6.jpg 今は他の部分もお困りのところがあるので、
そこもインプラントでの治療をご希望されています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.