セラミック症例|セラミック冠
症例|見た目と機能を両方重視した治療をして欲しい。

【患者さんのご希望】
下の歯で目立つところなのできれいに治して欲しい。またこれ以上悪化せず、長持ちするようしっかりとした治療をしてほしい。
【治療部位】
左下3

 
 

左下3 形成後.jpg強い痛みがあると来院された患者様で、虫歯が神経にまで達していました。神経の処置を行い、土台を立てました。神経を取ってしまうと歯の栄養分の供給が絶たれ、歯の強度が著しく低下します。そのため歯に負担が少ないグラスファイバーという材質を土台に用いました。
左下3 オールセラセット.jpg患者様のご希望は高い審美性、機能性でした。そこで被せ物には金属を一切用いない、オールセラミッククラウンを選びました。セラミックは吸水性が低いので、経年的に見てほとんど変色しないという特徴があります。また最近のセラミックは非常に精度が高いので適合も良く、表面に汚れがつきにくいことから虫歯のリスクも低くなります。
上の写真は被せ物を装着した後ですが、色、形態ともとても自然できれいなため患者様なは大変満足いただきました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.