セラミック症例|インレー(部分的な被せ物)
症例|白く長持ちする材料で治したい
30代 女性

【患者様の希望】白く長持ちする材料で治したい
【治療部位】右下67

詰めてあったものはプラスチック材料で境い目から欠けており、虫歯になっていました。

 
 

h_adachi2_hi_2211_2.jpg

広範囲の虫歯に対して直接プラスチックを詰めており、咬み合わせの力に耐え切れず、境い目が欠けている状態でした。今回は白い歯にしたいとのことでご希望も考慮し、ハイブリッドセラミックを使用しました。
詰め物を外して虫歯をとり、形を整えた状態です。

h_adachi2_hi_2211_3.jpg

装着した状態です。奥歯でも下の歯の場合会話の際などに目に見える場所です。色、形ともに満足していただけました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.