インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|インプラントブリッジ
50代 女性

【患者様のご希望】義歯の生活は避けたい。
【治療部位】右下765

長いブリッジがだめになってしまいその後の治療を検討することになりました。
すでにぐらぐらのブリッジは、咬むと痛みもあり土台を抜歯してからの処置でした。

歯がなくなった場合の治療法は、
1、入れ歯
2、ブリッジ
3、インプラント
4、何もしないで柔らかいものを食べる

ですが、2のブリッジは今回は土台の歯がなくなったので選択できない状態でした。
患者様は義歯は嫌なのでインプラントを入れてまた咬めるようになりたいという治療のゴール設定をされました。

 
 

h_miya36_iP2206_1.jpg

インプラントを入れた後の歯がない状態です。
右側にインプラントの本体が歯ぐきの中に見えます

h_miya36_iP2206_2.jpg

歯の入ったところを上から見た画像です。
歯の連続性が取り戻されています。
自然な歯に近い形で取り戻せます。

h_miya36_iP2206_3.jpg

横から見た状態

h_miya36_iP2206_4.jpg

術前X線写真

h_miya36_iP2206_5.jpg

インプラントのフィクスチャー(本体)だけの写真

h_miya36_iP2206_6.jpg

完成後のX線写真です。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.