インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|ブリッジとインプラント
40代 女性

【患者様の希望】ブリッジとインプラント
【治療部位】左下67

歯がない部分の治療をブリッジとインプラントで治療された患者様です。

 
 

h_naka34_ip_2211_1.jpg

初診時のレントゲンです。
右下1本、左下2本歯がない状態です。

h_naka34_ip_2211_2.jpg

右下はもともとブリッジが入っていて今回もブリッジで治していきたいが白い歯を入れたいとのことで相談の上ハイブリットセラミックのブリッジを入れました。
左下は一番奥の親知らずが傾いて生えてしまっているのでブリッジにはできないため、実は何年もそのままにしてしまったとのことでした。そのため上の咬みあわせの歯が下にのびてきてしまっているのがわかります。
患者様自身もインプラントのことはご存知でしたが、手術への怖さがあったため右下のブリッジを入れた後も1年くらいそのままにしていましたが、だんだんと顎が曲がってきた気がするとのことでついにインプラントを行うことを決心したとのことでした。

h_naka34_ip_2211_3.jpg

土台が入った状態です。

h_naka34_ip_2211_4.jpg

骨の状態は特に問題なかったので2本インプラントを埋入し、その後下に落ちてきていた上の歯をセラミックで被せなおして高さを引っ込めた状態で下にもセラミックで歯が入りました。

h_naka34_ip_2211_5.jpg

下の歯全体の写真です。

h_naka34_ip_2211_6.jpg

かなり久しぶりの歯だったので最初は何度か咬みあわせの調整が必要でしたが、今では問題なく咬めるようになったとのことです。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.