セラミック症例|インレー(部分的な被せ物)
症例|ハイブリッドセラミックで自然な色に
30代 女性

【患者様のご希望】 自然な歯の色にしたい
【治療部位】 右下6

歯と歯の間の虫歯が出来た場合は歯の隙間を調整するために型採りをして修復する方法が精度が高く隙間を治せます。
今回はハイブリッドセラミックを使った症例です。

 
 

h_miya37_2210In_1.jpg

虫歯を取ったあとに仮ふたが入っている状態です。

h_miya37_2210In_2.jpg

ハイブリッドセラミックが装着された状態。前後の天然の歯と比べてもどこを治したか良く分からないくらいの色味が再現されているかと思います。

h_miya37_2210In_3.jpg

拡大した画像です。患者様も自然な色で満足されていました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.