インプラント症例|前歯を失った場合
症例|ブリッジから部分入れ歯、そしてインプラントへ
60代 男性

【患者様のご希望】ブリッジから部分入れ歯、そしてインプラントへ
【治療部位】右下321

右下の犬歯を他院で数年前に抜歯してその後は保険のブリッジを入れた状態でした。
機能的にはそんなに不便を感じられていないようでしたが、保険のブリッジは色が変わってしまって見た目がキレイではないので歯はないところをインプラントにして、手前の被せたところはセラミックでキレイに治したいとのことでした。

 
 

h_naka29_ip&Cr_2210_1.jpg

初診時のX線写真です。

h_naka29_ip&Cr_2210_2.jpg

インプラント埋入後のX線写真です。

h_naka29_ip&Cr_2210_3.jpg

初診時の写真です。
保険のブリッジのため色が変わってしまっています。

h_naka29_ip&Cr_2210_4.jpg

h_naka29_ip&Cr_2210_5.jpg

インプラントは骨がしっかりしているところでも最終的な歯が入るまでに約4ヶ月かかるので、まずは治療をすすめていくためにダミーの歯を切断して部分入れ歯にしました。

h_naka29_ip&Cr_2210_6.jpg

歯が入った状態の口腔内写真です。

h_naka29_ip&Cr_2210_7.jpg

部分入れ歯を作製した後インプラントを埋入し、骨にしっかりとくっついてから土台を立てて最終的なセラミックの歯を入れました。

h_naka29_ip&Cr_2210_8.jpg

審美的にも機能的にも非常に満足されていました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.