インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|骨を増やす手術をしないでインプラントがしたい
40代 男性

【患者様の希望】
以前から調子の悪かった左下の奥歯をインプラントで治療したいが
できれば、骨を増やす処置(GBR)をせずに行いたいというご希望された

【治療部位】
左下奥歯

 
 

初診時のレントゲン
歯と歯の間が割れて骨の吸収が起こっています。
保存は難しい状態ですなので抜歯を行いました。
s_kami_th1.jpg

実際に抜いたあとのレントゲン
歯の形に穴があいています。
できれば骨を増やす処置で骨を平らにしてからインプラントを埋入するところでしたが
患者さまのご希望を考慮して、長めに骨の治癒期間をもつことにしました。
s_kami_th2.jpg

半年後のレントゲン
骨が埋って治っているのがよくわかります。
s_kami_th3.jpg

そしてインプラントを埋入しました。
骨の状態は良好でした。
s_kami_th4.jpg 2次手術
インプラントの頭だしの処置後の写真

s_kami_th5.jpg

セット後レントゲン
s_kami_th6.jpg

最終的にセットしたセラミックの歯です。
期間はかかりましたが、患者さまの負担は減らせて、
ご希望にそえてよかったと思います。

今後も患者さまそれぞれのニーズに合わせた治療を行いたいと思います。
s_kami_th7.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.