インプラント症例|歯の多くを失った場合
症例|歯科治療がずっと怖くてできませんでした
40代 女性

【患者様の希望】
最小限のインプラントの本数で治療をおこないたい。
ずっと治療から逃げてきたが、今回は覚悟をきめたのでしっかり行いたい。

【治療部位】
前歯部分に3本のインプラント

 
 

初診時パノラマ

s_kami_sa1.jpg

初診時口腔内写真
ぐらぐらの歯がたくさんあり、そこに仮の歯を無理にいれてボンドで留めて
なんとか持たせているという状態でした。
患者さまはとても悩んでいて、治療をはじめたくてもなかなか踏み切れない状況でした。
治療をはじめるまでは時間をかけて、お話をたくさんしました。

s_kami_sa2.jpg

上の残せない歯を抜いて、保存できる歯は根の治療をおこないました。
下の歯はまだ抜く決心がつきません。
s_kami_sa3.jpg

インプラントを埋入したところのレントゲンです。
患者さまのご希望でインプラントの本数は最小限でというところがあったので
リスクも説明のうえ、設計は天然のご自身の歯とつなげるかたちにしました。
s_kami_sa4.jpg

インプラント部に土台(アバットメント)をたてたところです。
このころには下のぐらぐらの歯も抜いて、新しい入れ歯を入れています。
s_kami_sa5.jpg

被せ物を入れてとったレントゲン写真
s_kami_sa6.jpg

見た目も改善され、いまでは食べ物も選ばずお食事ができるようになったと喜んでおられました。

できれば奥歯があるとより咬めますし、前歯の持ちもよくなるので、
今は奥歯のインプラントも検討されています。
最初のころよりも、治療に対して積極的になり、ご自身への健康に対するお気持ちに
変化を感じました。
患者さまそれぞれの事情やペースを考慮した治療を今後もめざしたいと思います。

s_kami_sa8.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.