セラミック症例|ブリッジ
症例|抜けた歯を治したい。
40代 女性

【患者様のご希望】なるべく、短期間で治したい。
【治療部位】上顎567番目の歯
初診時、左上には1本歯がない状態でその前後には銀歯が被せてありました。お仕事が忙しく、短期間で治したいことでしたのでブリッジ(前後の歯を使って橋渡しにする固定式の金属)で治療することになりました。

 
 

かみ合わせの高さを検査したところ一番奥の歯の部分は高さに余裕がなく、セラミックにすると割れてしまう可能性が高いことがわかりました。より歯を長持ちさせるためにも奥のかみ合わせの部分のみ金属で補強するように設計しました。患者様は『今まで1本歯が無いだけと思っていたけれど、ブリッジでかんでみて食事しやすくなった』とお話されていました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.