インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|上部構造をGoldで行った症例

【患者様のご希望】上部構造をGoldで行った症例
【治療部位】右下67

右下67にインプラントを埋入し、咬み合わせの問題によりセラミックではなく
Goldの歯を作製した症例です。

 
 

h_naka26_ip_2206_1.jpg

初診時のX線写真です。右下のブリッジに違和感を主訴に来院されました。
ブリッジを除去してみると中で虫歯が広がっており、抜歯となりました。

h_naka26_ip_2206_2.jpg

抜歯をし、そのあとの治療法は固定性のものを希望されたためインプラントを行いました。

h_naka26_ip_2206_3.jpg

インプラントを2本埋入したあとの写真です。

h_naka26_ip_2206_4.jpg

抜歯をしたあとの口腔内写真です。

h_naka26_ip_2206_5.jpg

咬み合わせの力も強く、全体的に歯がすり減っており、歯ぎしりの可能性も高いため、上部構造は
Goldの歯を作製しました。

h_naka26_ip_2206_6.jpg

セラミックは見た目的にとてもキレイで自然な感じの歯になりますが、特に奥歯では欠けることがあります。また、セラミックはとても硬いので歯ぎしりをされる方などは咬み合わせになるご自分の歯がすり減ってしまうこともあります。

h_naka26_ip_2206_7.jpg

「キレイな歯を入れたい」「壊れにくい歯を入れたい」など患者様によって求めるものは変わってくるかと思いますが、お口の中の状態によっては金属の歯をすすめることもあります。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.