症例|抜けたままの右下を治療したい。
40代 男性

【患者様のご希望】抜けたままの右下を治療したい。
【治療部位】右下6番
患者さんは、10年以上前に、虫歯により右下の歯を抜歯し、そのまま放置していたとの事でした。
今回治療を行うにあたり、右下部分の歯並びも気にされていたので、お話し合いにより、歯並びの改善のために矯正治療を行った後、右下部分にインプラント治療を行う事になりました。

 
 

1年半の小矯正の後、右下奥歯にインプラント手術を行いました。
その後3ヶ月の間、インプラントと骨が結合するのを待ちました。
3ヵ月後、インプラントと骨との結合が確認できたら、最終的な被せ物の型を採ります。
正確な型を採るため、型どりの状態をレントゲン写真で確認しました。
被せ物を装着したあとの写真です。
歯ぐきとの調和や歯の色も良好な事が確認できます。
患者さんも、「被せたその日から、バリバリ食べ物が食べられる。」・・と喜んでおられました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.