症例|右下の歯肉が腫れて痛い。
40代 女性

【患者様のご希望】右の奥歯で食べ物を食べたい。
【治療部位】右下6番
患者さんは、右下の歯肉が腫れて痛いとの事で来院されました。
以前から、時々歯茎に違和感を感じていたため、右の奥歯では食べ物が食べずらいとの事でした。検査の結果、その部位には歯周病と思われる骨の吸収が認められ、歯のグラつきも大きいため、抜歯を行う事になりました。
抜歯後は、物がしっかりと噛めるように、インプラント治療を選択しました。

 
 

抜歯後3ヶ月程度待ち、骨の再生を確認した後インプラントを埋入しました。
骨が充分に再生しており、インプラントとの関係も良好な事が確認できます。
インプラント手術後、さらに3ヶ月待ち、歯茎の状態が良い事を確認した後に、型どりを行いました。
手前の歯は、セラミックの被せ物を行いました。
セラミックの被せ物とインプラントの被せ物の写真です。
インプラントの被せ物は、歯茎との調和をはかるため、まずは仮歯で置き換えています。
今後は、右上の治療が終了後にインプラントの最終的な被せ物を行う予定ですが、患者さんは、「今の状態でもよく噛めて違和感が無い」と言って下さっています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.