症例|左下の奥歯がうずく。
30代 男性

【患者様のご希望】左下の違和感を治したい。
【治療部位】左下6、7
患者さんは、左下の違和感のため来院されました。
レントゲンなどによる診査の結果、左下6番目の歯に大きな根の病気があり、7番目の根の先まで病気が広がっていました。
この部位は、既に骨の吸収が進んでおり、回復が望めない事から残念ながら抜歯となりました。患者さんはまだお若く、咬みあわせの力も強いため、周りの歯も長持ちさせるように、インプラント治療を選択しました。

 
 

抜歯後、4ヶ月でのレントゲン写真です。骨が再生されたのが確認できます。
インプラント埋入後のレントゲン写真です。
この後、さらに3ヶ月待ち、最終的な被せ物を作りました。
最終的に、被せ物を装着した状態の写真です。
歯茎の状態も良く、かぶせ物の色合いも良好な事が確認できます。
患者さんも、「久しぶりに左側でしっかりと噛めて嬉しい。これからはこの歯や他の歯も大切に使っていきたい。」と喜んでおられました。
今は、左上が仮歯の状態ですので、今後は左上の治療に入っていく予定です。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.