症例|左下の歯茎が痛い。
30代 女性

【患者様のご希望】左下でも咬めるようにしたい。
【治療部位】左下6番
患者さんは、左下の歯肉が痛いとの事で来院されました。
診査の結果、以前に抜歯した歯をそのまま、放置していたため、奥の歯が前に倒れこみ、そこに汚れが溜まりやすくなり、歯周病になっていることで歯肉が腫れやすくなっていることがわかりました。
倒れてきていた奥歯は、これ以上放置すると、周りの歯にも影響を与えると考えられた為、
抜歯し、インプラント治療を行う事になりました。

 
 

抜歯後、骨が再生するまで、3ヶ月程度待ち、インプラントを埋入しました。
なお、左下の親知らずは、咬みあわせの高さを保つため、インプラント治療終了後まで残しておく計画にしました。
インプラント治療後の写真です。
歯肉の状態も良く、歯の色調も合っているのが確認できます。
インプラント治療終了後のレントゲン写真です。
骨の状態も良好である事が確認できます。
患者さんも、左で食べ物が食べれるようになったとおっしゃっていました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.