症例|前後の歯にこれ以上負担をかけたくない。
50代 男性

【患者様のご希望】長年噛むたびに痛みがあったのをどうにかしたい。
【治療部位】右上6番
ものを噛むたびに奥歯に痛みがあり、前医でも治療を続けていたが全く改善がないとのことで来院されました。今まで入っていたブリッジを除去したところ、後方の歯は虫歯が進んでおり神経処置を施しました。再度ブリッジでの治療もできましたが、なるべく前後の歯に負担をかけたくないとのことでインプラント治療をすることになりました。

 
 

来院された際のレントゲン写真です。欠損している部分をブリッジで補っています。
インプラントを埋入し、内側の冠を装着した状態です。このあとに外側の冠をセメントでつけて終了となりました。
最終のレントゲン写真です。2年以上も我慢していた痛みが嘘のようになくなり、いまではものをしっかり噛めるようになったとのことです。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.