症例|左下のブリッジ部分が痛む。
50代 女性

【患者様のご希望】ブリッジの清掃が難しい
【治療部位】左下6
ブリッジの支えになっている歯が清掃不十分なため、炎症を認めました。ブリッジがたわむことで前後の歯が動かされていました。今後2本の歯で3本分の力を負担するには不安定なため、インプラント治療を希望されました。

 
 

インプラント埋入から約5ヶ月後(患者様のご都合により)2回目の手術を行いました。インプラントは骨にしっかりとくっついていました。その後、仮歯を調整しながら周りの歯肉の治癒を待ち、型どりとなりました。
実際にインプラントが骨の中に埋まっているのが分かる写真です。
術後のレントゲン写真と口腔内の写真です。本物の歯とかんだ感じも色調もなんら変わりがないと満足していただけました。清掃は通常の歯ブラシと歯間ブラシを併用していただいています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.