症例|怖くて歯科治療ができませんでした
40代男性

【患者様の希望】
ご自身のお口の中の状態が悪いことを理解されており、
しっかり治療を行いたいとのことでした。
今はインプラントは最小の数でとのご希望でしたので
一番かみ合わせに必要と思われる部分に
インプラント治療を行うことにしました。

【治療部位】
右下奥歯

 
 

初診時のレントゲンになります。
保存の難しい歯がいっぱいあって、まずは抜歯を行いました。
その間に治療計画についてたくさんの話し合いをして納得され、インプラント治療をはじめることができました。
s_kami_o_1.jpg

インプラントを埋入したところです。
きれいに骨のラインにそって埋入しています。
s_kami_o_2.jpg

3ヶ月たって2次手術を行いました。
s_kami_o_3.jpg

セラミックを被せる前の土台の部分です。
s_kami_o_4.jpg

被せ物をセットしてその部分をレントゲンで確認します。
つなぎ目部分がきっちりはまっているかを確認します。
s_kami_o_5.jpg

全体のレントゲンになります。
インプラント部分だけでなく、他の歯もだいぶ治療が進みました。
インプラント治療は期間がかかるので、その期間を利用して他の部分の治療を行いました。
s_kami_o_6.jpg

セラミックの歯をセットした写真になります。
歯科が恐くて、歯の治療をほっておくことになってしまった患者様でしたので
治療の進め方や、痛みに対して、留意しました。
歯科に対する恐怖心は何をされるのか分からないというところから
増長されるのではないでしょうか?
歯のないところ全てインプラントをしなくてはいけないということはなく、
その患者様にとって、必要なだけ(満足する)治療を行えば良いのではないでしょうか?
s_kami_o_7.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.