インプラント症例|骨が少ない方の治療
症例|サイナスリフト ・ 骨を増やしてインプラント
60代 男性

【患者様のご希望】 歯が次々抜けて、義歯が大きくなってきたからインプラントをしたい
【治療部位】 右上56

歯が植わっていた箇所の骨が高度に溶けてしまっており、多くの医院で「インプラントは無理です」と断られることが多いケースだと思われます。CTでの精査と多くの症例で安心、安全に行うことができました。

 
 

h_miya28_sinus2112_1.jpg

歯周病の放置により奥歯を支えている骨が溶けてしまっています。噛むと痛みがあり、残念ながら抜歯をしました。

h_miya28_sinus2112_2.jpg

もともとの骨が溶けてしまった状態からスタートだったので、骨が回復してもインプラントを安全に埋入するだけの骨の厚みがなくなってしまいました。この状態で無理にインプラント治療を行うと上顎洞と呼ばれる骨の中の空洞に突き抜けてしまい蓄膿の症状がでたり、インプラントが骨とうまくくっつかなかったりします。

h_miya28_sinus2112_3.jpg

今回はサイナスリフトと呼ばれる上顎洞の骨の厚みを増す手術を行いました。手術の際に上顎の周りの骨をこそぎ取り自分の骨を移植します。それにより厚みを増した箇所にインプラントを埋入する治療です。この治療は高度な技術が要求され、多くのケースで「あなたの骨はインプランすることは無理です」と言われてしまうケースです。多くの難症例を行うことにより安心、安全を提供できればいいと考えております。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.