インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|左右の奥歯で物が咬めない。
40代 男性

【患者様のご希望】左右の奥歯で食べられるようにしたい。
【治療部位】下の左右の奥歯4本
患者さんは、左右の奥歯が欠損しており、長年、奥歯で食べられない状態が続いていました。まだお若く、入れ歯の治療はご希望されなかったため、奥歯で物をよく食べられるようにインプラント治療を行いました。

 
 

下の左右の虫歯にによって根だけになった歯(残根)を抜歯後、お口の中全体の歯周病治療を行い、治癒を待ってから、4本のインプラント埋入手術を行いました。
下あごのの骨にインプラント手術を行った場合は、骨とインプラントが結合するのに3ヶ月程度かかりますので、その間に、虫歯治療と再度の歯周病治療を並行して行いました。
インプラントは手術をして終了ではありません。
実際に物をよく食べられるようにするためには、精密な型を採り、歯科技工士さんとの綿密な打ち合わせが必要です。
上の写真のように、手作業での精密な工程を経て、皆さんのお口の中に入っていきます。
インプラント治療後の写真です。(鏡で撮影しているため、左右は反転しています。)
インプラント治療期間中に下の親知らずは抜歯しています。
他の歯との色合いや、かみ合わせも調和していて、患者さんも「10年以上ぶりに奥歯で食べ物を食べられた。」とお話していました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.