インプラント症例|骨が少ない方の治療
症例|凹んだ歯ぐきも元通り
50代 男性

【患者様のご希望】 インプラントをしたいが抜いた骨が心配
【治療部位】 右上6

抜歯後に骨が陥没している状態をGBR(骨再生治療)を行い回復させ、インプラントを行ったケースです。

 
 

h_tora2_GBR2108_1.jpg

歯周病の進行で歯がぐらつき、痛みも伴う状態で来院された方です。患者様とご相談の結果、残念ではありますが抜歯をすることになりました。

h_tora2_GBR2108_2.jpg

歯周病でもともと骨が溶けてしまっていたので抜歯後かなり骨が陥没した状態になってしまいました。

h_tora2_GBR2108_3.jpg

GBR(骨再生治療)を行った後の骨の状態です。一つ前のX線写真と比べて黒い部分が少なくなっているのが分かると思います。

h_tora2_GBR2108_4.jpg

安全な状態でインプラントが埋入できました。

h_tora2_GBR2108_5.jpg

陥没した歯ぐきの状態です。このままでは後から入れる人工の歯も縁がそろわず見た目も機能も良くありません。

h_tora2_GBR2108_6.jpg

骨再生治療を行った後の歯ぐきの写真です。平らになって高さも戻りました。

h_tora2_GBR2108_7.jpg

インプラントの人工歯が入った状態です。患者様も大変満足されており、安心・安全で行えたことがとてもよかったと思います。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.