セラミック症例|セラミック冠
症例|前歯が突然取れてしまって恥ずかしい
20代 女性

【患者さんのご希望】とにかく前歯をはやくつけてほしいとのご希望で来院されました。
【治療部位】左上前歯(左上1番)
友人とお食事をしているときに以前つけた前歯が突然取れてしまって恥ずかしかったそうです。取れた直後にお電話をいただき事情をお聞きしたので、すぐに来ていただいてまずは取れてしまった歯にあった虫歯を取り除き、きれいにしました。1枚目の写真はその時点でのものです。今回取れてしまった原因は以前つけていたプラスチック製のかぶせ物が古くなり虫歯になってしまった事でした。

 
 

A_sat_2108_se2.JPG前歯が取れてしまった状態ではお仕事もできないのですぐに仮の歯をお付けしました。形や色合いもできる限り自然な感じを再現してみました。2枚目の写真はその時点のものです。患者様がこの状態でもいいというくらいきれいにできました。
A_sat_2108_se3.JPG その後、日を改めて来院していただき、型取りを行って新しいかぶせ物を作りました。患者様は二度と同じようなことがおきないようにしてほしいと強いご希望があったためにセラミック治療を行いました。セラミック治療は従来の銀歯が歯に引っ掛けている状態で治療を行うのに対して、歯に「接着」できるために脱落の可能性がほとんどなくなるからです。またセラミック治療は金属を使用しないために色合いは天然の歯と同じように再現できます。最後の写真は最終的なかぶせ物で患者様もよりきれいになったと大変満足されておりました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.