セラミック症例|セラミック冠
症例|下の歯が欠けてしまったので治したい
30代 女性

【患者さんのご希望】下の歯が食事をしていたらかけていることに気づいて気になるようになってしまったので治してほしいとの事で来院されました。
【治療部位】左下前歯(左下2番)
お食事をしているときにふと歯に触れたときに歯のザラザラに気がつき、それ以降気になるようになってしまったそうです。その後も歯の表面を舌で触ることが多くなってしまい、一度検査をしてほしいとおっしゃって来院され、検査をしました。
その結果、おそらくかみ合わせによって歯に亀裂が入ってお食事の際にその亀裂に力がかかって歯が欠けてしまった可能性があることがわかりました。かけた部分は多少凍みる症状があり、亀裂を取り除いた結果、神経を取ることになってしまいました。ただ前歯なので患者様はやはりきれいに治したいという強い希望となんといっても長持ちする方法を希望されたためにセラミックによる治療を行うことになりました。1枚目の写真は神経をとり、かぶせ物の土台を装着した際のものです。土台も白いものを利用することにより、上のかぶせ物が非常にきれいに見えるようになります。

 
 

A_oga_2108_se2.JPGその後、土台の形を整えました。セラミック治療には高度なテクニックが必要になるために、拡大鏡を用いて形成しました。色合いに関しても歯科技工士とチェックを行うと共に、患者様のご要望に沿うようにつくりました。治療後は症状もしっかり消え、患者様も満足されておりました。ただ今回かけた理由がかみ合わせのために今後はしっかりとしたメンテナンスが必要だとお伝えしました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.