インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|知人に薦められてインプラントをしたい

【患者様の希望】状態の悪い歯をインプラントで治療したい
【治療部位】左下顎67番目

患者様が歯には悩まれていて、知人の方が当医院でインプラント治療をしてよかったとご紹介していただきました。
治療はインプラントで行いたいとのことでしたので、問題は2本のインプラントをそれぞれどのタイミングで埋入するかというところでした。
一番奥は歯がまだ残っていたので、抜くところの治療からになります。

 
 

左下の一番奥の歯の状態が悪く(歯が割れていた)歯を健康に保存することは
難しいことをお伝えし、抜歯を行います。
下顎の↑部分です。
手前の歯が無い部分は、長い間、歯が無かったので、骨の状態が良好なので
先にインプラントを入れることにしました。

s_kami_nk_2.jpg

先に手前部分にインプラントを入れて、仮の歯を被せて
奥の歯を抜いたところの骨が治るのを待ちました。
手前のインプラントに仮の歯を入れておくことで、患者様はかみ合わせができて
一番奥が無くても支障がなく過ごすことができました。

その後奥にもインプラントを埋入しました。
写真は、奥のインプラントを入れたときのレントゲンになります。

s_kami_nk_3.jpg

二つのインプラントにセラミックの被せ物をする前の土台の状態です。
中にネジがあり、25Nでしめます。

s_kami_nk_4.jpg

最後にセラミックのクラウンを被せた状態のレントゲンになります。
インプラントを入れた骨のラインを確認します。

s_kami_nk_5.jpg

セラミックを入れたところの写真になります。
この患者様は上顎のインプラント治療も行い、
また他の虫歯などもきれいに治療されました。
インプラント治療だけでなく、今ある歯を大事にすることが最も大切なことと
患者様自身も感じられたということでした。
いまでは定期検診にも来ていただいています。

s_kami_nk_6.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.