インプラント症例|骨が少ない方の治療
症例|骨増生(GBR)後のインプラント
40代 男性

【患者様のご希望】 前歯の差し歯が取れた。長持ちするもので治したい
【治療部位】 左上2

差し歯が取れて歯ぐきも腫れている状態で来院されました。

 
 

h_naka16_iP2108_1.jpg

X線写真を撮ると、歯の根が真っ二つに割れてしまっており、周りの骨の方まで菌が入り込んでしまい膿んでいる状態でした。歯を生かすことは難しく抜歯をしました。

h_naka16_iP2108_2.jpg

抜歯後1ヶ月のX線写真です。患者様がインプラント治療を希望されましたが、骨が大きく溶けてしまっており、このままではインプラント治療は安全に行えないため、骨を増やすGBR手術を行いました。

h_naka16_iP2108_3.jpg

GBR手術後3ヶ月のX線写真です。上の写真と黒部分を比較してみてください。かなり骨が回復し、グレーの箇所が増えていることがわかります。

h_naka16_iP2108_4.jpg

その後患者様の都合で1年以上治療が中断しましたが、新しく作った骨の状態もよく、インプラントを問題なく埋入することができました。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.