インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|見た目を重視した治療法を選びたい
20代 男性

【患者様のご希望】腫れを繰り返す歯を見た目もきれいに治療したい。 
【治療部位】 右下

見た目ももちろん重要ですが、極力ご自身の歯を削らないインプラント治療をお勧めしました。

 
 

最初の時点のレントゲンになります。
この部分をインプラント治療していくことになります。
s_kami_h1031.jpg

以前から、気が付くと膿の袋が膨らむようになっていたようです。
矢印部分が膿の袋です。
再治療を行うということで冠を外すと、歯がふたつに割れてしまっていました。

s_kami_h1032.jpg

歯の周りの骨が溶けて黒くなっているのが確認できます。
歯が割れてしまったところは細菌感染をおこし、周りの骨を溶かしてしまいます。
こうなってしまいますと、健康な状態での保存は難しくなります。
残念ながら抜歯を行うことになりました。

s_kami_h1033.jpg

歯を抜いてしばらくしたところの写真です。
治癒は良好です。
s_kami_h1034.jpg

歯を抜いて、数ヶ月たって骨がしっかり治ってきているところです。
s_kami_h1035.jpg

インプラントを埋入したところのレントゲンになります。
中央の位置に理想的に埋入できたと思います。
s_kami_h1036.jpg

インプラントに最終的なセラミックの歯が入ったところの写真です。
(矢印部分)
インプラントは治療の期間が少しかかります。
この患者さまはその時間を利用して、金属の歯を白く変えていきました。
一番奥以外はすべてセラミックをいれて、患者さまもかなり満足されていました。

s_kami_h1037.jpg

よこからみた写真です。
お色も自然に馴染んでいます。

s_kami_h1038.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.