セラミック症例|セラミック冠
症例|変色した前歯をきれいに自然に治したい
20代 女性

【患者様のご希望】 前歯の変色をきれいに治したい
【治療部位】 前歯

 
 

最初の時点の写真になります。
2本の歯が神経を取ってそのままにされてたので、変色してしまった症例です。
以前からきれいに治されたいと希望され、当医院に審美障害(見た目を気にされて)を主訴の来院されました。
ご自身のもともとの歯のお色が透明感があり白いので、余計に気になったのかもしれません。

s_kami_s_1042.jpg

セラミックー天然歯ーセラミックとという状態ですので、間の歯の色を十分考慮して
色を決めているところになります。
この患者さまの歯の色にはコントラストがあまり無く、均等に同じ色が広がっています。

s_kami_s_1043.jpg

仮にセットした歯の写真になります。
↑の部分がオールセラミック冠になります。
一見きれいに馴染んでいるように見えますが、やや天然の歯に比べて白いのがお分かりになるでしょうか?
ぴったりお色があうまで、作りなおすことになりました。

s_kami_s_1044.jpg

最終のセラミック冠になります。
より自然にお色が馴染んでいます。(↑部分がオールセラミック冠部分)
患者さまのブラッシングの状態がよかったので、本当に歯ぐきから歯がはえているように
見えます。
さらに、金属を一切使用しないセラミックのみで作られているのも、美しさが増した要因です。

患者さまにも大変満足していただきました。

s_kami_s_1045.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.