インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|入れ歯をやめてすっきりした

【患者様の希望】入れ歯がわずらわしいのでインプラントを行いたい
【治療部位】上顎左右奥歯

インプラントの処置を以前も行おうと、考えたことのある患者様です。
お仕事が多忙の患者様にとって、歯科に通うことは大変なことだったようです。
治療計画を事前にしっかり立てることで、納得されてインプラント治療をはじめることができました。

 
 

初診時のレントゲンです。
左右の歯がないところには、上顎を覆う大きな入れ歯が装着されていました。
お食事の時など、わずらわしかったようで、本当にお困りのようでした。
s_kan_k1002.jpg

この患者様にとって、もっとも重要なことは、治療のスケジューリングでした。
インプラントが必要な本数は5本でした。
通常は2回ほどに分ける手術を、患者様のご希望を考慮し、1回の手術で行いました。
術後のレントゲンです。

s_kan_k1003.jpg

インプラントに被せる白い歯を着ける前の写真になります。

s_kan_k1004.jpg

完成時の写真です。
かみ合わせの強いところはセラミックを直接あてずに、金属部分で咬み合わさるような構造にしました。

入れ歯が無くなり、本当にすっきりしたそうです。
相変わらず、ご多忙の日々を過ごされていますが、今は3ヶ月に1度、メンテナンスにいらしていただいています。
インプラントはすばらしい治療ですが、ご自身の歯に勝るものはないと患者様自身が実感されたのではないでしょうか。

s_kan_k1005.jpg

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.