インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|右下の歯が咬むとうずく

50代 女性
【患者さんのご希望】右下の銀歯の歯があるときから咬むと何か違和感を感じるようになり、気になるので見てほしいとのことで来院されました。
【治療部位】右下奥歯(右下6番)
硬いものをかむとお痛みがあるとのことでしたので、レントゲン写真をお取りしましたが特に異常はなく、しばらく経過観察をしましたがまったく症状の改善が見られないために一度銀歯をはずして確認してみることを希望されたために銀歯を除去しました。すると銀歯の下の歯に虫歯があり、亀裂を確認することができました。症状の原因はその亀裂に咬むと力がかかって違和感を起こしていたと考えられます。銀歯をはずしているためにレントゲン写真でより亀裂の進行具合を確認することができますので再度レントゲン写真にて確認してみました。下の写真の矢印が亀裂で、よくみると歯も周囲の骨も少しやせてしまっています。

 
 

A_kiku_2106_iP7.jpg その後、亀裂に沿って虫歯も進行していたために患者様にその状況を報告しご相談をした結果、残念ながら抜歯をすることになりました。抜歯をすると虫歯は完全に除去できたことはもちろん、歯の周囲の骨のやせも自然に元に戻りました。
A_kiku_2106_iP8.jpg 両隣の歯は神経のある歯で、患者様ができる限り歯を健康な歯を削りたくないとのご希望があったためにインプラント治療を行いました。写真のようにインプラントが骨の中にしっかりと固定され
最初の写真のように上にセラミックのきれいなかぶせものをかぶせることにより、硬いものをかむとうずくといった症状が改善されただけでなく、見た目も非常にきれいになったために大変満足されておりました。またそれ以外の残っている歯にかんしても大切にしようという意識が高くなっていただき、治療以後は定期的にクリーニングに来院されております。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.