インプラント症例|歯の多くを失った場合
症例|失った歯と同じくらい噛めるものを取り戻したい
60代 女性

【患者様のご希望】 失った歯と同じくらい噛めるものを取り戻したい
【治療部位】 右下765インプラントブリッジ

右下の奥歯の歯ぐきが腫れたということで来院された患者様です。診察したところ歯がたてに割れており、残しておくといつまでも膿を持っている状態でした。患者様と相談し残念ながら抜歯をすることになりました。抜いた後は入れ歯ではなくきちんと噛める歯にしたいということで、インプラント治療を行うことになりました。

 
 

h_miya11_2103_1.jpg

初診時のレントゲン画像です。右下の一番奥の歯が今回抜歯になってしまった箇所です。

h_miya11_2103_2.jpg

抜歯した箇所を避けて、その歯の前後にインプラントを埋入する手術を行いました。抜歯した箇所は骨の治りを3ヶ月待ってからの治療になるので、今回はその前後の良好は部分にインプラントを行うことで、治療期間を短縮する計画を立案しました。

h_miya11_2103_3.jpg

インプラントが骨と結合し、人工歯が入った状態です。反対の奥歯と同じような状態に歯が取り戻せています。

h_miya11_2103_4.jpg

実際のお口の中の写真です。
上の歯はセラミックが被せてある人工歯です。
下の歯が今回治療したインプラントの人工歯です。天然の歯と遜色ない色味が再現されていると思います。

h_miya11_2103_5.jpg

かみ合わせの面から見た写真です。向かって左側が今回のインプラントの部位です。患者様も昔と同じように(歯を痛めていた時よりも強く)噛むことができると大変満足されています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.