セラミック症例|セラミック冠
症例|口を開けたときに見える箇所はきれいに
20代 男性

【患者様のご希望】 見える箇所だからきれいなものを入れたい
【治療部位】 右上4(第一小臼歯)

虫歯で痛みがあった歯の神経の治療後に被せるものが選択できます。保険の範囲内だとシルバー色をした一般に言われる銀歯です。保険の範囲外のものであればセラミックの材料で天然の歯と変わらない色味を取り戻せます。

 
 

h_miya14_MB2105_2.jpg

神経をとってしまった歯はもろくなり心棒を入れておかないと根元でポキっと折れてしまうことがあります。写真は「ファイバーポスト」というグラスファイバーでできた心棒をつけた状態です。また、患者様ごとに歯の色が違いますので、周りの歯の色味を参考にオーダーメイドで色を決定するために色のサンプルと一緒に写真を撮り技工士さんと色を決めていきます。

h_miya14_MB2105_3.jpg

実際に被せ物が入った状態です。一つ前のご自分の糸切り歯と遜色ない色味が再現されていると思います。

h_miya14_MB2105_4.jpg

噛む面から見た写真です。矢印が無いと見分けが付かないくらいの仕上がりです。患者様も「どこを治したのかわからない」と大変満足されています。この状態を長く保つために今後もケアが必要です。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.