セラミック症例|ブリッジ
症例|白い歯と金属の歯を織り交ぜる
50代 女性

【患者様のご希望】 手前は白くしたいけれど、奥は銀でもいい
【治療部位】 左下567

左下のブリッジを支えていた手前の歯がブリッジが外れたことにより虫歯になっていました。ブリッジをやり直す際にインプラントの選択肢もあったのですが、患者様が手術に抵抗がありもう一度ブリッジを行うことにしました。

 
 

h_miya15_2105_1.jpg

ブリッジは手前の歯は神経はありませんでした。歯に優しい土台のファイバーコアを装着しました。後ろの歯は神経がある状態だったので、これ以上の余分なところを削らないように処置を行いました。

h_miya15_2105_2.jpg

ブリッジを装着した状態です。
手前の歯はセラミックをコーティングした歯です。奥の2本は金合金を用いて作っています。治療費の節約と手前の審美性を兼ねそろえた治療法です。

h_miya15_2105_3.jpg

横から見た写真です。噛んだ状態では金属の部分もほとんど見えず、表面のセラミックはご自分の歯と見分けがつきにくいです。

h_miya15_2105_4.jpg

矢印の箇所が今回入れたブリッジの歯です。
《患者様のコメント》
私は奥の歯をブリッジという治療をしました。物をかんだときは違和感も、不自然さもまったくなく、特に意識する事はなにもありません。
治療を始める前に、先生から歯の状態、治療過程など細かい説明があり、最終的に取り付けるまで試し付けをしてみるなど丁寧なやりかたでしたから、今はとても満足しています。
小さな時から歯医者さんにお世話になり、昔は恐怖ばかりでしたが、今は不安なことは先生に相談に乗っていただけ、つくづく定期健診は欠かせないと思っています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.