インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|左上の歯が痛い。
40代 女性

【患者様のご希望】左上の歯を治療したい。
【治療部位】左上6番
患者さんは、左上の奥歯の歯と歯茎が痛むとの事で来院されました。
診査の結果、写真のように、歯の中まで虫歯が進行しており、大きな穴が開いていました。

 
 

レントゲンを撮影してみると、根の病巣も大きく、抜歯が必要な歯であることがわかりました。
患者さんも、この歯は以前、他院で抜歯が必要と伝えられたそうですが、ブリッジか入れ歯でしか治療方法は無いとの説明を聞き、通院するの止めていたとの事でした。
患者さんは、虫歯になっていない健康な歯を削ってブリッジにすることや、入れ歯には抵抗を感じるとお話していたため、もうひとつの治療法であるインプラント治療をご提案させていただいたところ、抜歯した後はインプラント治療をご希望されました。
上の写真は、抜歯後の写真です。
インプラント治療は、抜歯後に骨をしっかりと再生してから行うため、この歯の場合は5ヶ月程度期間を空けてから治療を行いました。
インプラント治療後の写真です。
ブリッジのように歯を削ること無く、入れ歯のように見た目の悪さも無く、本物の歯のようにインプラントが入っているのが確認できます。
インプラント治療後のレントゲン写真です。
歯を抜いたところにしっかりとインプラントが入っています。
患者さんは、左でも咬めるようになったと言ってくださり、今は3ヶ月に一度のメインテナンスに来院されています。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.