インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|抜いたところをインプラント治療で治したい
40代 男性

【患者様のご希望】抜いたところをインプラント治療で治したい
【治療部位】右下奥歯
右下顎の奥歯が根の膿が大きくなり他院で抜歯を行ったのだが、そこではインプラント治療はやっていなかったので当医院に来院されました。

 
 

s_kan_my_2.jpg

抜歯を行ったあとのレントゲン(初診時の写真)
歯があったところの顎の骨が黒くなっているのがわかります。
インプラントを入れるためにはしっかりとした骨がないとできませんので 
患者さまと話合ってインプラントを始める前にGBRという骨を増やす手術を行いました。

s_kan_my_3.jpg

インプラント埋入したところのレントゲン
骨の治りも良好だったので早い段階でインプラントを入れることができました
患者さまのお口の中の衛生環境はとてもよく、タバコなども吸われないのも治癒が良好であった理由の1つと考えています。

s_kan_my_4.jpg

←の部分がインプラントに被せてあるセラミックの歯です。
今は定期的に検診にいらしていただいています。
治療にも大変満足されています。
反対側には乳歯があります。今は状態が良好ですですが、将来だめになってしまったときはインプラント治療をご希望されることでしょう。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.