インプラント症例|奥歯を失った場合
症例|本当の健康を手に入れるためにインプラント治療をしたい
40代 男性

【患者様のご希望】腫れを繰り返す歯をしっかり治したい
【治療部位】左下奥歯
以前から当医院に通われていた患者さまです。
写真は、左下奥歯の根が割れて膿んでしまっている状況です。
左下の奥歯の状態が良くないことは1年ほど前からお伝えしていて、患者様も状況をよく理解されていましたが、なかなか歯を抜く決心がつかず迷われていました。
しばらくすると、腫れる頻度は多くなり、とうとう歯を抜くことを決意されました。
もう2度とこのような思いをしないためにも、「できるだけ歯を削らない治療を」とご希望されました。
インプラント治療が最適な治療とお勧めしました。

 
 

s_kan_ks_2.jpg

歯を抜いた後のレントゲンです。
色が濃いところは膿や細菌によって骨が溶けて通常よりも薄くなってしまっているところです。
このままではインプラントを入れるための健康な骨がない状態なので、骨を増やす手術(GBR)を施しました。

s_kan_ks_3.jpg

骨を増やす手術をおこなって、数ヶ月経ったレントゲンです。
色が濃かったところが白く写っているのは骨ができている状態です。
これでやっとインプラントを入れる準備が整いました。

s_kan_ks_4.jpg

歯ぐきがしっかり治っている状態です。

s_kan_ks_5.jpg

骨がしっかりできたところにインプラントを埋入(まいにゅう)できました。
位置も最適なところでしょう。
骨は非常に硬く、術中もインプラントが骨としっかり結合する感覚がありました。

s_kan_ks_6.jpg

その後、上にセラミックの歯を作るためにインプラントの頭出しをおこなったところです。
今までの処置に比べて、楽な手術なので、患者様もリラックスされていました。
インプラント治療は最初から最後にむけて、患者様の負担が少なくなっていく治療です。

s_kan_ks_7.jpg

歯が出来あがった状態です。
インプラント部分には歯間ブラシをしっかり通してホームケアを行っていただいています。
インプラント治療を始めたころから、ジョギングも始めて「今年は体を徹底的に健康にする!」というのが患者様の目標でした。
インプラント治療が終わる頃は健康的に痩せられて、私も患者様の目標達成のお手伝いができたことをうれしく思っております。

 
 

Copyright© 2008 hisaka Dental Clinic. All rights reserved.